toki Architect design office - 土岐建築デザイン事務所

ブログ

住まいのディテール

2017/1/28

建物へのアプローチ

道路から建物の主要な入口、すなわち玄関までの通路をアプローチと呼びます。
玄関はその建物の顔となる部分ですが、いきなりその顔が道路のすぐ側にあるというのは、どことなく奥ゆかしさに欠けるような気がします。
そのため、どんな敷地条件であっても、色々な工夫を凝らして玄関までの道のりを楽しいものにしようと考えています。

aproachi1
玄昌石の緩やかな階段状になったアプローチ。
左手の庭の樹木に自然と目がいきます。

aproachi3
正面に坪庭を配置した例。建物右手奥が玄関です。
植栽が緩衝材となり、建物との程よい距離感を生み出しています。

aproachi4 aproachi5
この住宅では、玄関ポーチの前に壁を立てることで道路から直接玄関が見えないようになっています。
玄関内部への明かり採りも兼ねたトップライトを設けたため、ガラス越しに空を眺めながら歩くアプローチになりました。

魅力的な建物は、必ず良い雰囲気のアプローチを持っていると思います。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA