toki Architect design office - 土岐建築デザイン事務所

ギャラリー

プロジェクト

「河川敷を眺める家」

概 要
建設地:岡山県岡山市
主要用途:専用住宅
主体構造:木造2階建
建築面積:54.65㎡
延床面積:107.51㎡

プロジェクトブログ

岡山平野のほぼ中央部を流れる旭川の放水路である百間川河川敷きが見える場所である。新しく開発された宅地で、8区画に分譲された一画に建つ。河川敷にはサッカーやラグビー、バスケットボール場などがあり、いつもジョギングをする人々が行き交う。2台の駐車スペースをとり、そこから玄関に入る。玄関ホールからひと繋がりになったダイニング、キッチン、リビングと吹き抜けになった階段室、パウダールームとバス、トイレを配している。2階は螺旋階段を上がると、子供達が庭を見ながら勉強できるファミリールームと寝室、2つの子供室とトイレがある。 この住宅の特徴は、1階に大きな開口部を設けてテラスと庭を繋げて開放感を感じる住宅になっている。また、屋根から突き出た薪ストーブの煙突と、2階のファミリールームと子供室に設けた出窓がアクセントとなってこの住宅を印象づけている。

「(仮称) B.E.C.C 社屋」

概 要
建設地:岡山県岡山市
主要用途:事務所
主体構造:鉄骨造2階建
建築面積:123.60㎡
延床面積:230.00㎡

プロジェクトブログ

建築場所は市街地より少し南下し、幹線道路沿いに計画した通信建設会社社屋新築工事である。 来客用と社用車の駐車場を建物に添って配置した。来客と主要な人員は南西に配した玄関を使用し、対角の位置に設けた玄関2は一般社員が使い、それぞれセキュリティを完備した出入り口となる。 1階は玄関ホールと階段下を打合せスペースとし、玄関と面した経理室は来客の受付に対応する事ができる配置となっている。 社員が集う事務所は23席のデスクと事務機器と事務収納の配置スペースを確保し、事務所の一部をパーティションで仕切る事で会議室となる。その他、サニタリーと給湯室を設けた。 2階は社長室、2室の貸事務所、サーバー室、それとサニタリー、給湯室が主な室となる。 外観は、一般的なキューブなカタチではあるが、リブ状になった金属サイディングと要所に設け鉄骨の柱と梁が印象的なデザイン表現となり、玄関先の緑化が優しく建物を包み込む。

「L字の家」

概 要
建設地:岡山県玉野市
主要用途:専用住宅
主体構造:木造平屋建
建築面積:237.62㎡
延床面積:214.29㎡

プロジェクトブログ

建築場所は玉野市市街地中心部にあたり、住宅が密集した小規模団地で、近くに瀬戸内海が広がる自然豊かな地域である。敷地は接道が2方向となる十字路の角地になり、建物は道路に沿ってL字に配置した。玄関は来客用と家族用の2つに分かれ、家族用の玄関はガレージ内に設けている。家族玄関からは主寝室(書斎)とだけが繋がり、来客用のホール、廊下を通り、2つの子供室、和室、衣装室、サニタリー、それとキッチン・ダイニング・リビングに入る。これらの部屋に添ってL字に設けたテラスがあり、各部屋からこのテラスに出られ、広い中庭で遊ぶ事ができる。また、対角線上に立つ建物はソーラーパネルを設置し、物置を併用したBBQをするための小屋が建つ。外観は平屋建てで、屋根、外部ともガルバリウム鋼板を施し、道路の面に添った外壁はテーパーになり、来客用の玄関にはコンクリートの打ち放しの壁と、サービスヤードには版築の壁が立つ。また、建物を取り囲むように植栽が植えられ、シンプルで有機的な住宅となる。

「山本院」

概 要
建設地:岡山県岡山市
主要用途:寺院
主体構造:木造平屋建
建築面積:179.26㎡
延床面積:152.86㎡

プロジェクトブログ

山本院本尊開扉記念事業 本堂改修工事。本堂は岡山市中区に位置し、宝暦11年(1761年)に建立された250年の歴史がある寺院である。30年程前には本堂の大屋根を修繕している。今回、本寺院は33年に一度の本尊ご開扉記念に当り、本堂内外部改修、基礎改修、床組改修、回廊改修が進められる。本堂改修工事及び周辺整備工事は平成31年(2019年)のご本尊開張に向けた全面改修工事である。工事範囲は基礎部、床組(外部となる大床、縁を改修し畳を入れ外陣を設ける)、内外部壁、建具などが主な事業である。